ジェットスターの飛行機はどんなもの?

- ジェットスターの飛行機はどんなもの?

ジェットスターの飛行機はどんなもの?

LCCの中で、ジェットスターはどんな飛行機なのか気になる人もいるのではないでしょうか。機種の種類はそんなに多くなく、限られています。座席のスペースも他の格安航空と同様、大手と比べると狭めです。格安なチケットの代わりに多少の不便さを受け入れなければなりません。

シルバーをベースにオレンジの星が目印

機体には大きくロゴがプリントされています。シルバーをベースにし、オレンジの星が描かれた飛行機を空港などで見かけたことがあるという人もいるのではないでしょうか。

コスト削減のために飛行機の機種の種類は多くありません。機種を統一することで維持費や人件費を抑えています。そのため格安な航空券を実現させました。

機体は新しくてきれい

飛行機のシルエット
LCCと聞くとボロボロの古い機体を使っているイメージもあるかもしれませんが、ジェットスターの飛行機は新しくてきれいなのが特長です。シートの座り心地も悪くないと評判です。

「格安航空会社だから座席の間が狭いのではないか」と思う人もいます。実際ジェットスターも他のLCCと同様大手と比べて狭い印象があります。利用の際には少しでも快適に過ごすための工夫をした方が良さそうです。

格安航空会社を利用する際には激安価格と引き換えにある程度の不便さを許さなければなりません。ジェットスターも様々なところでコスト削減をしているのが見て取れます。

国内線はJALと共同運行

JALが国内線の管理をしているため、メンテナンスのクオリティが高いので安心できます。機体の質は劣るかもしれませんが、フライトの質は同等です。他のLCCよりも安全に利用できます。

コスト削減のための不便さ

成田空港に限った話ではありますが、搭乗手続きカウンターが駅から若干遠いという意見が少々見えます。格安航空券はコスト削減のため、多少不便な場所にカウンターがあったり、搭乗までにバスなどを利用しなければならないなどの不便さがあります。

これらはジェットスターに限った話ではなく、格安航空券を取り扱う航空会社であれば共通することです。大手よりもサービスは劣るかもしれませんが、やはりこの価格の航空券は魅力です。サービスの充実を取るか、お得さを取るかといったところです。

ジェットスターは他の格安航空と比べても機体は新しいし、安全面の質も充実しています。格安ゆえに不便さもありますが、値段に対する満足度は多くの人から高く評価されている航空会社です。

  « 前の記事: を読む