買うときに注意すること

- 買うときに注意すること

買うときに注意すること

いくらお安いお得な航空券と言っても、気を付けなければいけないことがあります。
安いには理由があります。
そんな理由をしっかり理解していれば問題はありません。
ここでは気をつけておくポイントをお伝えいたします。


航空会社からの早割や正規の割引航空券

インターネット、代理店からの格安航空券は、種類によっては予約・購入してしまったら航空券の取り消しができなかったり、搭乗便の時間を変えたり、便自体の変更ができない場合があります。
しかし、手数料を払えば、変更可能な航空券もあります。
もし、予定が定まらず安易に安いからと思って購入しますと、その日がダメになった場合に、その航空券が「便変更・キャンセル不可」だとすると、その便をキャンセルして別の便をとり直すことになります。
そうなると、二重に支払わなければならず、逆に高くなってしまい、安い航空券を買うつもりが本末転倒となってしまいます。
なので、予定がはっきりしない時は、変更や融通が利くような格安航空チケットを選ぶようにし、買うときにはよく説明や注意書きをしっかりチェックしましょう。

もっと賢く

航空会社によっては、飛行機に乗ることでマイルがたまります。
大手の航空会社であれば、ANA航空券やJAL航空券がそうです。
会員になると、その航空会社の飛行機に搭乗するごと距離によってマイルが加算されます。
それがたまっていくと、特典航空券といって、たまってマイルで航空券と引き換えで、なんとタダで飛行機に乗れてしまうんです。
飛行機に乗るだけで飛行機にタダで乗れるようになります。
このシステムは知らなきゃ損です。
格安航空券で買った場合、通常のマイル数より少なく加算されることがあります。
それは、代理店やパッケージツアーで購入し、飛行機に乗る場合です。
航空会社の航空券、ANA航空券やJAL航空券であっても、購入元によっては、「通常マイルの50%が加算されます」などとあります。

ポイントは?

安い分、通常とは違うこともありますので、購入のときは条件をよく見られて、どこを重視するかを考えて選ぶことが重要です。