よりお得に快適に

- よりお得に快適に

よりお得に快適に

選ぶときの基準はなにか。
ただの移動だからより安い航空券という価格を重視するのか、移動も旅行なので、移動中の快適さやサービスといったことを重視するのか、フライトにかかる時間や出発地や目的地の出発・到着時間といった時間に関することを重視するのか。
それらをすべて叶うのを探すか、一つの条件を満たすものでいいのか・・・それによっては、航空券の選び方がかわってきます。
ここでは座席についてアドバイスいたします。


格安航空チケットをもっとお得に快適に

移動中の飛行機の中も快適に過ごしたい、そこも旅行の一部になります。
飛行時間が短いといっても、出発前から狭いシートに座り、着陸して安全に止まるまではずっとシートに座っていなければなりません。
そうなると実際の飛行時間より長くの時間をずっと座席に座っていることになります。

座る位置が重要です

ビジネスクラスやファーストクラスにすれば、座席や足元のスペースの広さは確保されていますので、どれだけでも快適さは求められます。
しかし、ここではなるだけお安くお得にかつ快適にということで、お安いエコノミーにおいてもそれが可能なのです。
飛行機のエコノミークラスの中で足が伸ばせる席は、ずばり、非常口前のシートです。
前に座席がないですし、足元のスペースもかなり広いです。
数席しかない座席なので人気は高く、そこに座るには条件付きです。
条件とは
「緊急避難時に手伝うことができるか」ということです。

人気の座席を格安航空券でゲットする

旅行代理店やインターネットなど代理店からの格安航空券の予約・購入時では座席の指定が不可能なこともあり、航空会社から予約した方が有利な場合があります。
しかし、航空会社から格安航空券と言われる、早割や正規割引きで航空券の場合にはできない可能性もあります。
航空会社から購入する場合はその時に座席指定が可能です。

これが出来る格安航空チケットもある

インターネットからでも、電話で座席指定も可能です。
早く購入した人が先に座席指定していますので、予定が分かっていればより早いほうが座席の指定もしやすくなります。
航空会社によって時間は異なりますが、代理店からでも、出発の72時間〜24時間前の出発から予約番号が分かっていれば座席確保が可能な場合があります。
なので、座席にこだわりをもたれるのであれば、予約の際、座席指定については確認することをおすすめします。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »